ダイエットをしているときは、自分の体が痩せ始めるととてもうれしくなって、体重計の数値が減り続けることに快感を覚えることがあります。
自分の体重ですから体調不良がなければある程度は問題ありませんが、ダイエットによって体重が減少していくスピードは適正なスピードがあります。

一般的には最大でも1か月間に自分の今の体重の5%程度が適正なダイエットスピードだといわれています。
体重50キロの人がダイエットサプリなどで痩せるとしても2.5キロ程度であれば適正な痩せ方といえます。
痩せ続けていけばいくら5%といっても徐々に数値は少なくなっていくので、痩せるスピードは遅くなっていくように感じられます。

ダイエットサプリなどを使わない場合でもこのくらいのペースなら健康的な範囲と診断されます。
ですが1か月間に体重50キロの人が5キロも8キロも痩せるとしたらそれは若干激やせの部類に入るといえます。
ダイエットをして痩せたとしても激やせでしょう。

こうした痩せ方を自分が経験しているときはあまり自覚がありませんが、他人がやっているのを見る立場になったときのことを考えてみてください。
知り合いでも身内でもよいですが誰かが痩せる様子を見ているときは、激やせの範囲じゃないかと思ったときには病気じゃないのかと思いたくなります。

それが自分のパートナーだったらかなり心配することになり、仮にダイエット中だったとしてもそんな痩せ方をしないでほしいと思うようになります。
痩せるスピードはダイエットによるものなら本来はおだやかなもので、気のせいかなと思う程度の痩せ方が多いです。
もしかして痩せた?と思う程度の痩せ方が適正だとすると確実に痩せたと思えるくらいはイエローカードといえます。

痩せるスピードによっては健康的なダイエットによる喜ばしい状態と、病気を疑うような心配な状態になるものがあります。
自分が痩せるとしても周囲で痩せる人がいるとしても適正なダイエットスピードで取り組むことが理想的です。